節約するなら、まずスマホの毎月の代金支払いの見直しを!

毎月1万円以上の出費になるのスマホの通信料を見直して節約
毎月のスマホの通信料を見直して節約

 


投資でお小遣いを増やす最初のステップに最適なミニ株

ミニ株での投資を始めるために知っておきたい事 目次

 

私達の現代社会は高齢化社会に向かっています。私達は長生きが出来るようになりました。昔の人たちが五十歳で生涯を終えることが一般的なら、私達はまさに、三十年以上昔の人たち以上生き延びることが出来るようになった訳です。

 

メリットが多い訳ですが、実際にメリットだけではありません。しっかり、私達は余分な生涯を生き抜くために準備しなければならないということです。国だって、正直言えば私達の生涯をしっかり保障してくれているとは言い切れないのです。

 

私達が未来に向けて個人個人の意識で、資産運営の意識へ向かっていかなければならないということです。その中に株という意識が当然あります。株はギャンブルと思っている人たちもいらっしゃるようですが、ギャンブルと資産運営の意識は違います。将来のために、しっかり計画を立てて、念入りにリスク軽減の意識を持って向かっていかなければならないです。

 

株はギャンブルでないのかという問題ですが、株はギャンブルにもなりうるものです。そこには、資産運営のためにしっかり安定性を考えるもののリスクを持っているものです。リスク軽減のために、私達はより株に対して勉強をしなければならないのです。勉強しても株によってリスクを背負うのかもしれませんが、勉強こそ、株のリスクを軽減する方法です。

 

みなさんが、高齢化社会の未来に向かって、それぞれ資産運営の方法を考えていかなければならない時代です。そういう意識は、若い人たちから身につけていただきたいですね。ただし、若い人たちはお金がないものです。あの株を買いたいけど、思うように株が購入出来ない場合もあります。

 

ミニ株って一体どういうものか

・初心者に優しいプチ株、ミニ株
・ワン株、S株、プチ株とミニ株は違う?
・ミニ株は株式分割もOK
・ミニ株で配当金を受ける
・ミニ株の注意しなければならないポイント
・ミニ株では株主総会に出れない
・10万円で株をはじめる

 

ミニ株を始めてみる

・ミニ株は何処で購入出来る?
・ミニ株でデイトレ
・米国株にミニ株が?
・上場廃止になったら。
・証券会社選びをする
・どうやって銘柄を決定するの?

 

株で勝つポイント

・ミニ株でもしっかりテクニカル分析をする?
・ミニ株の売買に気をつける
・ミニ株をバーチャルデモで
・ミニ株はいくらからスタート?
・ミニ株は客観的に見る目が大事。

 

更に必要なミニ株のノウハウ

・ミニ株は長期か短期か
・ミニ株の負けの回数を稼ぐ
・ミニ株を購入するシナリオは完成している?
・ミニ株に対してのメリハリ
・ミニ株と決めつけるのは正しい方法?
・デイトレードをミニ株で。

 

初心者のための株の知識

・ローソク足の組み合わせ
・ファンダメンタルズ分析
・タイミングを図るテクニカル分析
・買いタイミングを図る
・割安銘柄を探すためのPER
・ミニ株の損切りのルール

初心者のための株の知識~ローソク足、ファンダメンタルズ分析、テクニカル分析、損切りなど

ローソク足の組み合わせ

 

ミニ株とは、十分の一で通常株を購入出来る方法です。ある程度株を購入するために資金が必要だったものが、ミニ株で改善出来ます。ただし、ミニ株も株は株、基本ルールをしっかり知っていないとなかなか勝つことなんて出来ないと思いますよ。

 

実際に、ミニ株でもしっかりローソク足について理解し、組み合わせを勉強しましょう。包み線とはらみ線・・・こういうものに対してしっかり向かっていかなければならないです。そして、その包み線とはらみ線の組み合わせが、シグナルを発し、そのシグナルに私達はいちいち気付いて行動していかなければならないのです。

 

包み線とは、当日のローソク足が、前日の陽陰線と逆の線であり、その値幅を包む大陽線、または大陰線になっているものです。

 

長期上昇の後、前日の小さな陽線、同事線を長い陰線が包んだ時、下がるシグナルです。

 

ここで、売りを検討しましょう。逆の場合もあり、その時は買いのシグナルです。

 

はらみ線とは大きな陰陽線に対して小さい陰陽線がしっかり収まっている状態のことを言います。株の上昇後 前日の陽線の範疇に当日の陰線そして、同事線が収まることが、売りのシグナルです。そして、逆の場合では買いのシグナルです。難しいことですが、しっかり勉強することによって、私達はある程度、株の売り買いをするシグナルに気付くことが出来るということです。実際にそこで売り買いを忠実にする必要もありませんが、とても大事な参考材料にはなるはずです。

 

 

ファンダメンタルズ分析

 

ミニ株と言えども、私達はしっかり株の勉強をしていかなければならないのです。ファンダメンタル分析なんて、実際に株を意識している人たちにたやすく入ってくる名前です。実際に、ミニ株でもファンダメンタル分析と言うものも深く関わっていかなければならないのです。

 

ミニ株の勝つポイントとは、銘柄、そして、買うタイミングそして、売るタイミングですが、売るタイミングに関しては、決済ポイントや損切りを意識すればそれほど難しい問題でもなかったりします。

 

一体ミニ株で私達はどんな会社選びをして行けばいいのかという問題です。業績の伸びている会社、そして、値上がりしそうな会社を選ぶ訳です。しかし、ここで、ああ、そうかと思ってもなかなか具体的に銘柄など決定出来ません。ここで、意識していただきたいものはファンダメンタル分析なのです。

 

ファンダメンタル分析とは、 会社の情報、利益の見通しや、環境などをも分析して、銘柄が買うに値する株かしっかり見極める手段です。

 

ああ、ファンダメンタル分析かと言うものの、ここにもいろいろ大変な作業がありそうです。やっぱり株で稼ぐことは大変なことで、ゆっくり時間をかけて勉強しなければならないものであることはしっかり理解していただきたいですね。私達は、情報社会に生き、情報なんていくらでも入ってきてしまうものです。情報に溺れないでしっかり整理するモチベーションって非常に大事なことなのです。

 

 

タイミングを図るテクニカル分析

 

ミニ株をしっかりファンダメンタル分析によって購入してください。まず、ファンダメンタル分析で銘柄を決定します。しかし、買いのタイミングがまたまた難しい問題なのです。そして、みなさんにミニ株を購入するにあたり、ここでテクニカル分析なるものを実践していただきたいと思います。

 

テクニカル分析とは何かと言えば、移動平均線と株価チャートといったもので、株価データのパターンを基礎に置き、相場の先行きを予測して行く方法のことを言います。ミニ株を、更に、テクニカル分析を使ってお手ごろ価格で購入するように頑張っていただきたいのです。

 

そして、テクニカル分析でしっかり意識しなければならないポイントはローソク足です。やっぱり、ローソク足程度のものが判らないようでは、株をスタートするのは危険ともいいたいです。

 

始値、終値、安値、高値の4つの値で構成されているものがローソク足です。ローソク足の期間は、設定によっていろいろ変わってきます。一日で設定している場合もあり、一週間で設定している場合もあり、一ヶ月で設定している場合もあります。

 

そして、陽線、陰線、同時線の3種類の違いもしっかり理解してください。始値よりも終値が高かった場合陽線というローソク足があり、陰線とはその逆、始値と終値が一致している場合、同時線として表示されます。 黒抜きの実体が陰線であり、 白抜きが陽線です。そしてローソク足から出るひげの出方もしっかり注視します。

 

 

買いタイミングを図る

 

ミニ株で真剣に稼ぐというのもなかなか難しい問題です。ミニ株でどうすれば稼ぐことが出来るのかと言えば、

 

優良株を、安い時に購入して、高い時に売るという非常に簡単なことではある訳ですが・・・。

 

株がなぜ、安いのかと言えば、市場環境が整っていない、悪いために値下がりせざるを得ない状態です。ミニ株を購入する一番のチャンスです。

 

実際に、ミニ株はそれ以上値下がりする懸念をも持っているのかもしれませんが、ここは優良株という強みなのです。優良株だから、値下がりしても、持ち返す強さも可能性ももっています。私達は、ここの部分を信用して株購入するという感じです。

 

市場環境の整っている状態で購入しても、やっぱり、株価を天井で掴んだようなものであって、噂によって、そういう株を購入してしまうかもしれませんが、その株が購入してすぐに値下がりしてしまったというケースも非常に多いパターンなのです。私達は、ミニ株にあたり、優良株、そして、有望株を購入するというモチベーションはしっかり持っていただきたいのです。

 

ただし、注意しなければならない問題は、底を打っているのかの判断と、景気の見通しなど正しい判断をして行くことです。やっぱり、購入してそれ以上更に価格が値下がりするというのは可能性としてある話しです。市場環境の善し悪しの判断もまたまた非常に難しい問題ですが、 そういうものは、日経平均株価などの株価指数によって判断していきます。

 

 

割安銘柄を探すためのPER

 

ミニ株だってしっかり株の勉強をして向かっていかなければならないものです。ミニ株で割安の銘柄選びのために役立つものと言えばPBRです。PBRとは一体なんなのでしょうか。

 

PBRは、 貸借対照表のにおいて株主資本を基準においた株価評価と言ったものです。そして、ROEというものもあります。ROEとは株主資本利益率のことを言います。簡単に言えばROEとは、株主様が出資してお金を、会社がしっかり有効的に使用しているか、利益を上げているかの判断指標です。ROEとは純利益÷株主資本といったものです。ROEが高いなら、会社は取り敢えず順調といった感じでしょうか。

 

ROEと一緒に、 PBRを有効的に活用しましょう。PBRとは株価÷1株あたりの株主資本です。基本は、一倍を下回っているのか、上回っているのかのチェックです。

 

下回っている場合、株の価値が資本の支えを失っているという感じなので、こういう銘柄に安易に手出すことはちょっとリスク大きい問題かもしれません。現在のPBRを確認して、そして、一倍クリア出来ているのなら、過去のPBRもしっかりチェックしましょう。意識している銘柄が属している市場平均をもしっかり見て、みなさんが意識している銘柄がその水準にあるのかも確認してください。平均を下回っている銘柄が、つまり割安感のある株ということになるはずです。難しいことが判らないでも基本的方法だけ知っておけば、インターネットでも関係にチェック出来ます。

 

 

ミニ株の損切りのルール

 

ミニ株を購入したからには、やっぱり利益を抽出しなければならない訳です。そこでしっかり意識していただきたいものは利食いと損切りのルールです。

 

ミニ株の購入だとFXや信用取引のように追証(おいしょう)が発生するようなことはないのですが、それでもやはり損を確定しなければならない時があります。

 

参考:信用取引の入門講座:追証の発生と対処(楽天証券)

 

利食いとは、ミニ株の株がどの程度あがったに、売りの注文を出すのかという問題です。

 

実際に、正確に言えば、ここに決まりはなく、人それぞれの問題であったりします。しかし、みなさん持っている株がミニ株の場合20%程度値が上がったら売りに出して、利益を確定するというのが望ましいと思いますね。

 

そして、ミニ株で売りに出す時に注意しなければならない問題は、手数料の問題であったりします。手数料も含めて、みなさんしっかりルールを作ってください。

 

そして損切りのルールとは・・・。損切りとは、利食いの逆のようなものです。値下がりが続いた場合に何処まで我慢をして、何処まで来たら売るかという判断です。基本、ある程度しっかりみなさんが軸を作って従うことか大事であって、ずるずると放置するというのは非常に良くないことではあります。ずるずるは損失が膨らむばかりというリスクを抱えています。

 

ズルズル損を引きずると、貯金を食いつぶし、カードローンなどで借金する羽目になることもあります。
カードローン=悪ではないのですが、できるだけ借金の道には行かない方がいいですし、そもそも私のような派遣社員OLだと審査で正社員より不利なことが結構あるみたいなんですよね・・・
参考:カードローンの審査基準 スコアリングが甘い属性や職業で通りやすいはあるの?

 

損切りの意識は、利食いよりも慎重にというのが一般的のようです。これはあくまで、ルールです。ルールだから、みなさんはもうちょっと待とうという気持ちも起こってくるのかもしれません。

 

しかし、その姿勢でメリットを生む要素もあるかもしれませんが、株に対してのスタンスが全然明確性を失うというリスクをも抱えています。
決めたら、しっかり守ることが大事です。

株の場合、長期売買と、短期売買というものが方法としてある訳ですが、株は長く持っているほど、リスク回避を出来なくなると言われているようです。ということは、短期売買の方法がミニ株にとつても非常にリスクが小さいということです。実際に、株とつき合って行くということは、このリスクをも真剣に考えていかなければならない問題なのです。例えばソニー株など購入した場合、長期で株を保有している人たちは一体いくら損失を被ってしまったことでしょうか。長期の株の保有が悪いという結論に結びつけたくもありませんが、線を決めて、ここに来たら一度株を売るというスタンスも大事なことです。いわば、長期で株保有というのは、野球で例える...
一体どんなミニ株を購入するの・・・?という問題ですが、結局そこが一番難しい問題であり、プロだってそこで悩んでいる訳ですから、素人が簡単にそれを理解出来るはずありません。実際に、上場企業は、3500社程度ある訳ですから、全部しっかり企業チェックが出来るはずもありません。だから、初心者なら自分の好きな銘柄を購入してじっくり行方を見守り、そして、ここで株を勉強するということも大切なことです。好きな企業の株を買い、あなた自身、企業を育てるつもりで暖かい目で見つめていてあげましょう。しかし、そんないい方は非常に曖昧、抽象的と言えないでもありません。ここで、しっかりミニ株を購入する前にテクニカル分析という...
さあ、ミニ株体験をしましょう。初心者のみなさんならミニ株から、少ない資産によってスタートすることが方法です。実際に多くの企業の株式は、まとまった単位でしか購入が出来ません。例えばソフトバンクを例に上げれば100単位の購入して本来出来ないものです。100単位を購入するために、みなさんはそれなりお金をたくさん準備する必要があります。しかし、ミニ株を利用した場合、そういう株だって十分の一の単位によって取引が出来てしまうのです。しかし、ミニ株で注意しなければならない問題はどの証券会社でも同じようにミニ株を販売しているという訳でもありません。ここはミニ株としてSMBC日興証券に注目しましょう。SMBC日...
プチ株、ミニ株とは一体なんなのでしょうか。プチ株、ミニ株って誰にでも非常に判りやすい方法です。是非、みなさんプチ株、ミニ株によって資産運営を考えていただきたいですね。何がメリットなのかと言えば、少ない資金でスタート出来ることです。実際に、市場に出回っている上場株の場合、銘柄ごと取引の単位の株数って決まってしまっているものです。1.000株単位の銘柄と言えば、単純に1.000株からしか購入出来ません。単元というものが存在して、私達は結局大きなお金を準備しなければならないケースが多いのです。1.000株単位、株価が500円なら、単純計算、私達は既に、1000×500、つまり500000円準備をしな...
|
カードローンなどの融資では「正社員=安定した仕事」と考えられているため、派遣社員やパートなどの非常勤社員は、審査を受ける際にかなり不利になってしまう事も少なくありません。しかし、派遣社員と言ってもフルタイムで仕事をしている人も多いですし、正社員と同じように責任のある仕事を任されている人もいますよね。それに、近年は雇用形態も多様化していて、正社員ではなく派遣社員という雇用形態を選択する人も少なくありません。派遣社員は、アルバイトやパートなどよりも正社員に近いので、カードローンを申し込む時にも、アルバイトやパートでもOKというカードローンを探せば、審査にも通りやすいかもしれませんね。キャッシングと...
2000年10月12日、日本初のインターネット専業銀行「ジャパンネット銀行」が誕生しました。さくら銀行(現三井住友銀行)が中心となり、住友銀行(同前)、富士通、日本生命などが出資して資本金200億円でスタートしたのです。草創期は従業員も役職付きが約50名、オペレーターを合わせても100人程度の船出でした。それまでの銀行と言えば本店と多くの支店で成り立ち、カウンター窓口で預金口座の開設や公共料金の支払いをしていました。そこにはテラー(窓口担当者)が介在しています。現在は各金融機関にはATMが設置されていますので、カウンターに寄ることは少なくなりましたが、機械が苦手な方や取引内容によっては窓口に並...
電気料金、家賃、ガス・水道料金などの支払いや給与などの受け取りに多くの人が銀行口座を利用しています。そのほとんどが普通口座でいつでもお金の移動ができるものです。提携ATMがある場所なら気軽に振り込みや引き出しまたは残高確認ができるのでいまや生活には欠かせないものです。しかし、銀行側のコスト、つまり店舗運営費や人件費、ATMの維持費、回収・補充作業費などが掛かります。ですから、手数料を顧客から徴収しなければサービスを提供することができません。時間帯や扱い金額によって手数料は割り増しになり自由で便利なはずの普通口座も手数料を考えながら利用している人も多いのではないでしょうか。銀行の商売としては預金...
2000年10月12日、ジャパンネット銀行という新業態の金融機関が産声をあげました。日本で最初のネット専業銀行いわゆる「ネットバンク」です。当初は様々な課題があり、なかなか預金高が増えずに大苦戦を強いられていました。オンライン上の金銭取引の安全性や通帳や証書が出ないことや入出金ができないことがネックとなっていたようです。しかし、12年後の現在は普通銀行にもネットバンキング機能は不可欠になりネット専業銀行も増えています。もっというとネット上で自宅にいながらバンキングすることは当たり前のことになっています。あるものを開発して世の中に出すと良いものはベストセラー商品として残りますが、少しでも悪いとこ...
ウィルスというと医学用語で感染病との関わりが深いイメージがあります。インフルエンザやコレラなどはウイルス感染で不特定多数に罹患者を増やしていきます。古代のエジプト時代には既にウィルス感染を既知していたといわれ、日本では元禄元年(1329年ころ)に歴史物語の中に咳病が流行したと書かれていてインフルエンザウィルスをあらわしていると推測できるのです。そして1918年から人類はウィルス感染の恐怖に打ちのめされました。いわゆるスペイン風邪が世界中で大流行したのです。当事の世界人口が約30億人でウィルス感染者が約6億人、死者は約5000万人と未曽有の出来事として歴史に残っています。パソコンの世界ではウィル...
2010年の9月10日。日本振興銀行株式会社が東京地方裁判所に民事再生法を申請して経営破綻した日です。同年の7月に検査妨害の疑いで元役員が逮捕されるなど悪風評がきっかけとなり定期預金の引き出しが続き資産状況が悪化したのです。これに伴い、政府と預金保険機構は預金保険法にもとづいて預金の払い戻し保証金額を元本1000万円とその利子までとする定額保護、いわゆる「ペイオフ」を発動しました。しかし、振興銀行はこのペイオフを意識した預金の募集をしていたため該当者は3560人で100億円程度、預金者全体の約3%に留まりました。当局ではこの預金募集がモラル違反ではないかと問題視していたが、やはり一方で老後のマ...