ミニ株は長期か短期か

株の場合、長期売買と、短期売買というものが方法としてある訳ですが、株は長く持っているほど、リスク回避を出来なくなると言われているようです。ということは、短期売買の方法がミニ株にとつても非常にリスクが小さいということです。実際に、株とつき合って行くということは、このリスクをも真剣に考えていかなければならない問題なのです。

 

例えばソニー株など購入した場合、長期で株を保有している人たちは一体いくら損失を被ってしまったことでしょうか。長期の株の保有が悪いという結論に結びつけたくもありませんが、線を決めて、ここに来たら一度株を売るというスタンスも大事なことです。

 

いわば、長期で株保有というのは、野球で例えるとホームラン打者のようなものです。実際に、ホームランは、一発で逆転劇も出来るものの、三振だって果てしなく繰り返している訳です。

 

短期とは、ヒッターであり、ヒットを打つ方が、ホームランよりも全然簡単とも言えるのではないでしょうか。例えば、十年後に十万円稼ぐという行為よりも、一年後に一万円を狙う方で、ヒットとホームランの違いのように歴然です。そして、長期を意識する人たちは、売買取引の回数が少なく、短期売買の人たちは売買取引を頻繁に繰り返す訳であって、そのこともいわば、リスク軽減に繋がることです。

 

長期売買の人たちは実際に、長期という意識でいるだけで、いつ売買出来るかもはっきりと判っていない人たちも多いようです。

ミニ株の負けの回数を稼ぐ

株を購入したらやっぱり勝っていかなければならない問題です。まずみなさんがしなければならない問題とは勉強することです。

 

何を勉強するかと言えば、株とは何かについて勉強しましょう。そして、取引の仕組みを勉強します。経済の仕組みを勉強します。チャートの見方もしっかり勉強してください。決算・開示書類、PER、ROE、PBRも、出来高、信用倍率、投資主体別売買動向といったものも出来ればしっかり把握出来る状態が好ましいです。

 

そして、手数料の問題も、後々の問題とてしてしっかり税金の問題も把握しなければならないです。しかし、それでもやっぱり株って難しいものだと思いますね。

 

実際に、値動きを完全に把握することは、プロフェッショナルでも不可能です。ビギナーズラックとしての勝利者はいるかもしれませんが、初心者で株で勝ち続けるとは実際に困難な問題なのです。まず、初心者は勝つこともあるし、負けることもあるというモチベーションも非常に大事なことです。それほど強気に出ることは非常にリスクの多い問題です。

 

株って負けるものなのです。一体とどういう方法で負けるのが一番妥当かという問題です。小さく何度も負けて、大きく一度に勝つ・・・こんな公式に則ってはいかがでしょうか。遙かに、負けの回数の方が多いのに、お金の問題としては、しっかり利益を得る方法です。

 

それは、勝負の回数を増やして、負けのリスクを軽減するという方法でもあります。じっくり戦略を練っていただきたいですね。

ミニ株を購入するシナリオは完成している?

株って最初に初心者が勝つというケースもあるようです。そういう初心者はやっぱり株のリスクを軽視してしまうようですね。そういう株主はいずれ、大きな怪我をしてしまうものです。ミニ株購入者もしっかり警戒心を持って株に向かって行っていただきたいのです。

 

そして、驕りなく日々勉強する意識でいて下さい。やっぱり、最終的株の勝利者は、株のことを熟知している人たちに他なりません。しかし、そういう人たちだって負ける恐ろしさが株にない訳でもありません。スポーツ選手が日々の訓練なくてし、勝負に勝つことが果たして出来るでしょうか。

 

つまり、株もスポーツと何ら変わらないものです。経験を積むために最初の投資金額は、少な目に抑えておくことも正しい方法です。自信があるまで大胆なふるまいをするべきではありませんし、自信がついたとしても、用心するというルールにしっかり従って株を行っていかなければならないのです。

 

私がなぜ、株式投資をしているのか、しっかり軸を持って語れるようにならなければ駄目です。なぜ、その企業に投資をするのか、しっかり企業のメリットを語れるようにしてください。そして、その企業のデメリットも敢えて追求します。

 

企業にあるのはメリットだけではありません。メリットもあり、デメリットもあり、それでもメリットが際立つから、私達はその企業に株として投資する訳です。そして、企業は生き物です。従って、日々検証のし直しが必要です。

ミニ株に対してのメリハリ

株って最初に初心者が勝つというケースもあるようです。そういう初心者はやっぱり株のリスクを軽視してしまうようですね。そういう株主はいずれ、大きな怪我をしてしまうものです。ミニ株購入者もしっかり警戒心を持って株に向かって行っていただきたいのです。

 

そして、驕りなく日々勉強する意識でいて下さい。やっぱり、最終的株の勝利者は、株のことを熟知している人たちに他なりません。しかし、そういう人たちだって負ける恐ろしさが株にない訳でもありません。スポーツ選手が日々の訓練なくてし、勝負に勝つことが果たして出来るでしょうか。

 

つまり、株もスポーツと何ら変わらないものです。経験を積むために最初の投資金額は、少な目に抑えておくことも正しい方法です。自信があるまで大胆なふるまいをするべきではありませんし、自信がついたとしても、用心するというルールにしっかり従って株を行っていかなければならないのです。

 

私がなぜ、株式投資をしているのか、しっかり軸を持って語れるようにならなければ駄目です。なぜ、その企業に投資をするのか、しっかり企業のメリットを語れるようにしてください。そして、その企業のデメリットも敢えて追求します。企業にあるのはメリットだけではありません。メリットもあり、デメリットもあり、それでもメリットが際立つから、私達はその企業に株として投資する訳です。そして、企業は生き物です。従って、日々検証のし直しが必要です。

ミニ株と決めつけるのは正しい方法?

ミニ株というものがあります。ミニ株とは、単元株よりも、小さな単位で購入出来るものです。100単位でしか購入出来ないもに対して、ミニ株なら、十分の一で購入出来てしまうものです。ミニ株は非常にメリットが大きいというものの、デメリットを指摘する人たちもいます。ミニ株のデメリットも私達は正しく判断していかなければならないです。

 

実際にミニ株では、今まで高くて購入出来なかった銘柄の株もされほど資金を準備することなく購入することが出来ます。しかし、ミニ株をしっかり意識している人たちは、段々と手数料の問題を指摘する人たちが多いようです。

 

ミニ株と長くつき合えばつき合うほど、手数料の問題が意識に浮上します。そこで、ミニ株が非常に便利、という意識でただミニ株にしがみつく発想もある意味危険であったりします。

 

お金がない人たちがミニ株を利用しないでも、数万円あれば、購入することの出来る優良株というものもあるものです。私達は、ミニ株もいいですが、ただミニ株を買うというのではなくてそういうモチベーションを持つことも大事なのです。

 

正直言えば、ミニ株には他にもデメリットも抱えているものです。ミニ株には、株主総会の議決権もありません。ミニ株は注文しても、翌日の寄り付き値での売買になります。ミニ株は、資金があまり必要ないということで、専業主婦にも今、非常に人気商品です。しかし、ここは、もうちょっと客観的な目をもって、ミニ株を受け入れるべきです。

デイトレードをミニ株で

新しい形と言えばやっぱりミニ株もその一つです。しかし、株と言えばデイトレードをイメージする人たちも最近多いようですね。デイトレードとは、簡単に言えば、一日のうちに何度も株の売買を繰り返すことを言います。実際に、現代社会でデイトレードが流行っていることは流行っています。そして、デイトレードとミニ株をリンクする訳ですが・・・。

 

しかし、実際にミニ株で、デイトレードというのは勉強する分にはいいかもしれませんが、現状難しい問題です。ミニ株にはルールがあり、他の株と違い、注文をしたその日に約定されるのではなくて、注文した翌日、株式市場開始時に市場に注文が出されて約定される仕組みになっています。

 

ちょっとミニ株にはこんな感じでタイムロスが存在していることをやっぱり注目するべきです。そのために損を被ることも実際にあり得る話しです。ミニ株をデイトレードと照らし合わせればミニ株って、思っている以上自由が効かないものだと理解出来るはずです。

 

デイトレードのメリットとは、 今をしっかり把握することであり、ミニ株は、今という瞬間にうまく対応出来るものではありません。だから、実際に今はやりのデイトレードをしたいと思ったら、普通の株に手を出す、そしてeワラントといった方法を利用するということにでもなると思いますね。

 

しかし、ミニ株はミニ株で非常に今話題の商品であり、ミニ株にもいろいろメリットが存在します。是非、正しい使い方をしていただきたいものです。