ミニ株は何処で購入出来る?

さあ、ミニ株体験をしましょう。初心者のみなさんならミニ株から、少ない資産によってスタートすることが方法です。実際に多くの企業の株式は、まとまった単位でしか購入が出来ません。

 

例えばソフトバンクを例に上げれば100単位の購入して本来出来ないものです。100単位を購入するために、みなさんはそれなりお金をたくさん準備する必要があります。しかし、ミニ株を利用した場合、そういう株だって十分の一の単位によって取引が出来てしまうのです。

 

しかし、ミニ株で注意しなければならない問題はどの証券会社でも同じようにミニ株を販売しているという訳でもありません。

 

ここはミニ株としてSMBC日興証券に注目しましょう。

 

SMBC日興証券は、日興コーディアル証券が社名変更しました。かつて日本三大証券と呼ばれていた会社です。SMBC日興証券ではミニ株の他にも、中国株や、海外ETF・・・といった商品も豊富です。リスク回避のために様々な方法を実践することもとても有効的です。

 

他に、ミニ株が利用出来る証券会社はアイザワ証券、丸八証券、SMBCフレンド証券、三菱UFJ証券といった証券会社です。ミニ株よりも実際に、初心者にとって都合のいい方法はワン株・プチ株・S株の方法なのかもしれません。なぜなら、ミニ株よりも更に使い勝手の良さを追求して誕生したものがワン株・プチ株・S株です。 マネックス証券なら、 ワン株、SBI証券ならS株、カブドットコム証券なら、プチ株、野村ネット&コールならまめ株といったミニ株と似た商品を提供しています。

ミニ株でデイトレ

デイトレとは、デイトレーダーの略であり、毎日毎日しっかり株の売買に向きあう人たちのことです。

 

実際に、デイトレとは、日々しっかり株の動向を窺っていかなければならない方法であり、サラリーマン、OLにはちょっとハードルの高い方法でもあります。実際にデイトレだから、稼ぐことが出来るというものでもなく、デイトレにもしっかりコツというものが必要です。実際にデイトレで大きな利益を生むためには、ある程度大きな資金が必要だとも言われています。

 

つまり、ミニ株も手段して有効的であるものの、ミニ株をデイトレにあてはめた場合、儲けはどうしても十分の一という感じになってしまう訳です。しかし、これから株を勉強したいと思っている人たちにとって、ミニ株からデイトレを勉強する方法もありです。初心者ならまず、株に対してハイリスクハイリターンの意識は回避するべきだからです。

 

やっぱりミニ株なら、損失を被った場合でも通常の株取引よりも被害も十分の一ということです。少しでも値下がりしたら、銘柄を買い、値上がりの傾向が見えたら、その銘柄を購入・・・。

 

デイトレだから、銘柄の業績など全然無視して売り買いを続けて行きます。拘るのは、銘柄の動きのみという方法には、ある程度続けていくうちにノウハウ、ルールも見えて来るようです。さあ、計画的に実践してみましょう。

米国株にミニ株が?

米国株もミニ株で購入することが出来るのでしょうか。マイクロソフト、そして、マック、そういう株だって購入したいと閃くことが初心者にだってあるはずです。実際に私達の現代社会は情報社会であり、海外の優良企業の情報もしっかり入ってきたりします。そして、日本の証券会社でも米国株を取り扱っているところも実際に増えて来ました。そして、私達の社会はインターネット社会であって、非常に株の取引がスムーズに出来るようになったのです。

 

米国株のメリットのことをちょっとお話しすれば、ストップ高、ストップ安というものがないという点なのではないでしょうか。みなさんがしっかりその企業銘柄を信用すれば、利益は果てしなく上がっていくという感じです。実際にハイリスクという問題も回避できない訳ですが、証券会社では、有能な米国株をピックアップして、日本のみなさんに紹介してくれています。そして、株を日本という狭いカテゴリーに閉じ込めないことも実際に大事なことです。

 

国際分散投資というスタンスも何処かで私達は株を購入する際に意識しなければならない問題です。 そして、実際にそういう米国株がミニ株で購入出来るかという問題になって来る訳ですが・・・。実際に、米国株には日本のような単元株制度の制度はありません。だから、敢えてミニ株の制度は必要ないと言えば必要ないのです。ただし、それでも、単元株制度を導入している証券会社があることはあります。証券会社の売買方法の拘りの手段としてミニ株があることも。

上場廃止になったら

ミニ株が・・・という訳でもありませんが、保有している銘柄企業が上場廃止になってしまう・・・ということも実際にあり得ることです。

 

上場廃止になった時、私達の株は一体どういうことになってしまうのでしょうか。上場廃止とは、イコール株が紙くず同然に?なんて思っている人たちもいらっしゃるかもしれませんが、そういう意味ではありません。実際に、上場廃止になって株の価値が下がるとは大いにあり得ることではあるものの、すぐに企業が倒産へと導かれる訳ではありません。

 

ただし、やっぱり懸念材料の一つであることは間違いありません。ミニ株に対しても、上場廃止になった銘柄は、売りたいと思う時に売ることが出来ないというデメリットを抱えるようになって来ます。

 

上場廃止とは結局そういうことなのです。市場で簡単に売買の方法を取ることの出来ない状態になってしまう訳です。しかし、そのミニ株は売ることの出来ない株になってしまった訳ではありません。株を売ることの出来る場所をなかなか見付けることが出来なくなってしまったのです。

 

しかし、ミニ株はちょっと特殊であり、その株の保有者は証券会社なのです。証券会社はしっかり上場廃止も日々チェックして、その傾向があればしっかりみなさんに通達をしてくれるはずです。その時、ミニ株をすぐに売る必要があるのか、もうちょっと見極めていくのか、しっかり判断出来るようにしてください。案外ミニ株ってこういう面でも楽な方法かもしれません。

証券会社選びをする

やっぱり、ミニ株って何だろう・・・なんていうよりも実践でミニ株をまずは実感体験していただきたいですね。まずは極々少ないお金でスタートしましょう。そして、次はこうしようと反省点もしっかり持って次へ繋げていただきたいのです。

 

株式は、ギャンブルのようです。しかし、ギャンブルでなく資産運営の方法です。株式によって、みなさんの未来を計画性もって描いていただきたいのです。

 

ミニ株を取り扱っている証券会社はいろいろあります。ただし、ミニ株を取り扱っていない証券会社もあるので注意が必要です。

 

リテラ・クレア証券、大和証券、SMBC日興証券、更に、マネックス証券のワン株も、野村証券のまめ株も、カブドットコム証券のプチ株もミニ株と似たようなものになります。ただし、ミニ株よりも1株単位で購入出来るメリットがあります。

 

私達が、ミニ株を所有するために、証券会社に口座を開設する必要がある訳ですが、口座管理料というものがかかる場合もあります。それもちょっと注意しいたい部分です。

 

そして、私達が証券会社に対して意識しなければならない問題は、利益が出ても出なくてもかかる売買手数料です。みなさんの儲けをしっかり確定するためには余計なものに対してお金を支払いしないスタンスも非常に大事なことです。

 

証券会社によってかなり売買手数料に対して違いがあるので、ここもちょっと拘りもって見ておきたい部分です。売買金額によって手数料の算出法があります。

どうやって銘柄を決定するの?

ミニ株については大方どういう意味なのか理解出来たのかもしれません。しかし、実際に、購入するためにまだまだ不安要素は一杯あります。どの銘柄を購入していいのか、初心者のみなさんは全然判っていないことでしょう。

 

実際に、以前から口座を持っている証券会社で、たまたまミニ株があったからその証券会社にするというのも方法としてはありです。ただし、その証券会社でミニ株を扱っていないケースも充分あり得る話しです。

 

そして、ミニ株を扱っている証券会社を見付けたら、その証券会社でどんな銘柄のミニ株が売買しているのかチェックしてください。証券会社は、ミニ株の銘柄によっても、証券会社独自の個性を強く打ち出しています。欲しい銘柄が、ミニ株をやっている証券会社全部で手はいる訳ではありません。実際に、どの銘柄に決定するかは、手探りで模索していかなければならない問題です。

 

実際に、証券会社に問い合わせをしてチェックしましょう。ただし、現在はインターネットという便利なものがあり、インターネットで証券会社のサイトから確認も出来るようになりました。

 

株って簡単なようで、やっぱり初心者にとってもなかなか難しいものであることは間違いありません。もっと簡単なものであったら、みなさん株で大もうけをしているはずです。私達はしっかりリスクも問題を回避し回避し、利益を追求していかなければならないのです。最初は自分の好きな企業を、差し障りのない価格で購入するのも方法です。